変圧器たち

へんあつき-たち

トランスフォーマー レガシー TL-11 タランチュラス

ユニクロンの犬ことタランスことタランチュラっス。キングダム ブラックアラクニアはアニメイメージに近づけたデザインになっていたため、初代玩具のイメージが全くなくなっていましたが、タランチュラスはアニメのデザインも比較的玩具に近い形状だったので本品はそういう意味で初代玩具の正当なリメイクと言えるかも。

サイズはほぼ実タランチュラサイズ。クロゴケグモのキングダムブラックアラクニアに比べるとリアリティーが下がるせいか気持ち悪さは少なめ。とはいえ蜘蛛脚の節っぽさとかは結構リアルなので無視嫌いの人はご注意(各脚に体毛表現がなくつるんとしているので生物感は薄目ですけどね)。

初代玩具と同様両腕はビーストモードで前方に突き出していて、タランチュラの触肢を再現しており、解剖学的にまあまあリアル。腹の後端に武器(タランスショット)を装着できるのも初代玩具っぽいですが武器にギミックは無いので糸でぶら下がったりは当然不可。保持強度も無いしね。

二つ目の武器はここに収納。ビーストモードでのパーツ配置は初代玩具とそんなに変わってないかも。腕が前方に突き出し足が蜘蛛の腹に収まる辺りは(大雑把やな……)。

ビーストモードではもともと同じ玩具だった片鱗もない。

はい傑作~。適当にポージングしても格好良くなってしまう昨今の良い出来ライン到達玩具です。蜘蛛肢邪魔では?と思ったけどゴーショーグンのゴーフラッシャーというか、仏像の後光というか、なんかメラメラ感演出されてる感じがします。

スーパーヒーローランディングもばっちり合格です(膝立+拳が地面に到達)。

三面。体形なのか色なのか、なんかヒース・レジャーのジョーカーっぽい感じ。か微妙に。ピエロマスク持たせてみたいわ。背中は十代忍者タートルズみたいですね(婉曲表現)。

銃と回転鋸。回転ノコの方は剣の様に立たせて持たせることが出来ます。また手の保持部の5mm穴は手前と奥の2か所あるので剣の様に持たせる場合は手前の方で保持すると様になります(俺調べ)。

二つの武器は合体させてることも出来ますが回転ノコ部が二の腕傷つけそうだし肘曲がらないしなので外連味以外に良いことないですね。

元同じ玩具の名残でキングダムブラックアラクニアと武器形状がそっくりですが、当然型は異なります。

ロボットモードも体形が全く異なるのですが、腰回りとか脚周りの意匠に「もとは同じ玩具」の痕跡があるの、なんか良いですね。

梱包状態の裏側がこんな感じになってたんだけど、なんか妖怪というか祟り神というか、背面の模様が顔に見えるもあるんだけど四角い穴から這い出そうとしてるみたいでちょっと良かったです。

リベンジの Transformers Beast Machines Night Slash Cheetor

※タイトルは実写映画と関係ありません。

trans-formers.hatenablog.comX

5月にヤフオクでちょっと小銭が稼げたので約1万円位(約4割が送料……)で ebay でナイトスラッシュチートアの未開封品を購入したんだけども、結構美品が届いちゃって、以降毎日「玩具は遊んでこそだろ!開封しろ!」派と「20年もの玩具の未開封美品開封すんの?勿体なくない?」派がせめぎ合いを続けて全然結論出ないまま、半年が経ってしまった……

B.J.C.なら思い通りに生きた奴は天国に行ける流れですが、先日ヤフオクで6Kで出品されて、6K以上びた一文応札しません!つって入札したら6Kで落札できたので本日本体のみのナイトスラッシュチートア(二体目)が我が家に到着いたしました。

2000年位に上京して当時新宿にあったアメトイショップで海外版ビーストマシーンズやらユニバースやらの玩具を買ってたんですが、ナイトスラッシュチートアは当時人気で全然在庫無かった覚えがあります。その後上野のレドマとかでも同じような行動してたんだけどその時にはもう結構高騰してた覚え。web記事で「可動は糞、変形も弩単純、初見が一番印象良い」みたいな評価されてて、酸っぱい葡萄理論で買わずにやり過ごしてきてたんですが、まあやっぱ見た目は格好いいもんね。欲しいよね、という訳で20年越しに物欲を満たすことが出来ました。

見てこのワイルドでダークな格好良さよ。

ビーストモードでは前後方向にシュっと長く低い姿勢が取れているので一見して格好いい。

触ってみるとこの時点で結構駄目な玩具なんですが、それはロボットモードとの相違点がほぼ頭部の入れ替えのみで後は四つん這いになっているだけ(細かいこと言うと尻尾の展開、腕側親指の展開、脚側踵の収納、が変形の全てであり、あとは関節曲げてポージングしているだけなのです)、というかんたん変形ぷりと、肩基部がギミックの都合で結構ゆるゆるなので逆にこれよりも高い姿勢をとれない。同じく肩基部の独特の感触が結構ストレス溜まる感じ。

ロボットモードから肩幅が詰まるわけでもなく、胴体長に変化があるわけでもないので、いわば”狼男アメリカン”のデヴィッド=ウェアウルフに近い体系の筈(手首に至ってはそれより変わってない)なんですが、造形の巧みさで両モードとも様になってしまっているのが本玩具の凄いところだと思います。

背中背面にはジェットパックが備わっています。これは基部で稼働して角度をつけることが出来ます。

首の付け根背部にはインシグニアがあります。これは押しボタンになっていて、ここを押すと両腕が肩から上下します。左右の腕でそれぞれ上下逆に動く(押すと左腕が上がって右腕が下がる)ので、ロボットモードで剣を持たせた状態でなかなかの剣さばきを見せます。

ロボットモード。本当に頭部入れ替えて立たせただけでここまでスタイルのいい人型ロボットになるの不思議。ビーストマシーンズ玩具の特徴であるクリアパーツもビシバシ効果的に極まってると思います。

頭部はやや老け顔になっちゃってますが、ビーストマシーンズ本編のCGによく似ていると思います。頭頂部から後頭部にかけて後ろに長いのちゃんと再現されてるのこの型だけじゃないかな?

武器展開。肩側面のスイッチを押すとバネ仕掛けでブレードが展開され、手に持たされる。タクシードライバーの仕込み銃ギミックの剣版みたいな趣で私は大好きです。あとこのギミックは可動にあんまり影響せんしね。実際肘の角度がどうであってもグリップ部は掌に収まりますし。

肩可動を残念にしてるのは背中のインシグニアを押し込むことで発動する腕上下振りギミックの方なんだけど、これはこれで稼働に影響大(肩部の左右可動が不可)だけど、まあBM玩具だからね。

ロボットモード背面。インシグニア周りとかジェットパックとかのあたりがエクソスケルトンスーツっぽくてサイバー感あり非常に格好いい。デザイナー天才かよ。

とはいえ尻尾を畳んじゃうとジェットパックが使い物にならなくなるのは残念。パッケージは尻尾別パーツになっているのでロボットモードの時に外しちゃうって選択肢はあると思います。

胸部側のカバーを開けると謎のパーツが。腕上下ギミック初同時に連動して中央の円頭部が回転します。仮面ライダー1号のベルトみたいな風車模様は円筒に描かれた赤いストライプがボウルの様な凹面鏡に反射してるものなので、この模様がくるくる回ります。

胸閉じちゃうと全然気づかないのが玉に瑕。でも設計の意図としてはクリアパーツ越しに見えるつもりだったのかもね。

首基部はボールジョイントで上方向は結構動くんですが、あんまり格好いいポージングは出来ませんでした(´・ω・`)

腕はぎおみっくの都合で癖のある可動だけど、脚は結構フルポーザブル……なんだけど鳥脚なのでなかなか効果的なポーズ付けられなくてロボットモードのポージングはまあこんな程度。

結局仁王立ちみたいなポーズが一番格好いいでやんの(私のポージングセンスの問題です)。でもこの仁王立ちが異様に極まってしまうのがナイトスラッシュチートアの恐ろしい魅力と手に取って理解出来ました。

トランスフォーマー レガシー TL-12 エリータ-1

ウーマンサイバトロンと言えばアーシーが有名であり、エリータ-1は非常にマイナーな存在だったと思います。G1ではゲストキャラ(多分1話限り)であり、玩具化にも恵まれない存在でした(こういうのは殆ど思い込みと憶測で書いているのでヨタ話と思ってください)。

オプティマスのかつての恋人という設定の為に、ゲストキャラの中ではまあ名の知られた存在、数少ない女性キャラという位置づけ。個人的にはアニメイテッドのブラックアラクニアの過去(ここでもオプティマスのかつての恋人という設定でした)として登場し、非常に複雑なキャラクターとして描写された時に「上手い設定のりフォーマットだなあ」と思ったくらいで全く印象の無いキャラだったんですが、その時もエリータ-1としては玩具化されず。

転機は恐らく実写映画からで、アーシー、クロミア、エリータ-1の三姉妹(というか描写としては1つのキャラが3分割してそれぞれ独立して行動可能だが人格はアーシーというコンバイナーの逆みたいなキャラでクロミア、エリータ-1は玩具に付けられた名称なのかしらん?)として登場、以降アーシー型のリデコとして玩具が出ることが多くなった感があります。

そして今秋から米ニコロデオンで放送開始された「Transformers: Earth Spark」で遂にとうとう(恐らく)主要キャラの一人として登場。オルトモード:オフロードカーで玩具も出るんだぜ!という今ノリにノってるTFの一人なのではないでしょうか。

そんなエリータ-1のオルトモードですが、レガシー版ではクラシックカーとフューチャーカーの奇妙なハイブリッドという趣。正直ダサい。G1のオルトモードはこれと比べたらもうちょっと”フューチャー”寄りだったのに、なんで?という感じ。

transformers.fandom.com

リデコの都合かと思ったけどリデコ先のミネルバのオルトモードともかけ離れているので正直このフロントデザインの由来が判らんよね。なんならアーススパークの解釈でオフロードカーでもよかったんやで。まあ非常に特徴的なオルトモードなので個性的ではありますけどね。

ルーフのロボットモードの頭頂部は完全なダミー。5mmジョイントで刺さってるだけなので簡単に取り外せる。これはリデコでミネルバ出す都合なのかな?と思います(ミネルバではパトランプ)。

ボディ後半は脚部が変形して足首も180度ひっくり返して噴射口っぽく見立てているのが多分この変形の一番の見せ場だと思います。実際足首っぽさがまったくなくなる上手い采配。

武器はオルトモードでも取り付け可能。なんだけど取って付けた感は強いですね。頭頂部の行灯を外してそこに取り付けることも出来るようですがそうすると頭頂部が余剰になってしまう(まあどこか他の5mm穴に取り付けておく事は出来ますが……)ので、やらず。車両後方の膝下を車両のガワにしてしまう変形パターンは単純なれど効果的。

ロボットモードの裏側はこうなので、変形パターンに面白みはあんまりない。全体的によくある人間の体形に近い自動車に変形するトランスフォーマーのパターン。オルトモードのダサさの殆どはフェンダー上の角前照灯の印象なのでここだけシュッとした奴に交換するサードパーティーアドオンとか出てくれないかしらね?

ロボットモード。おフェイスは非常に美人。特徴的な奇妙なヘルメットも上手い具合にアレンジされてますね。私は涙ラインに非常に弱いのでこのフェイスは超加点です。首は多分ボールジョイントなんだけど(私の個体は)結構固く左右首振りもちょっとねじ切れそうな手ごたえ。上下も僅かに動きますが、判らん程度に俯くくらいしか出来ない範囲でした。

可動は標準的。立膝は出来ませんでした。足首が左右可動しかないのでこれ以上激しいポーズ付けると自立させるのがほぼ無理になる感じ。

前横後。上半身は完全なるガワ変形なのでスタイルは良好なので、素立ちに近いポーズで飾っておくに限る。

ヤフオクのアレ

page.auctions.yahoo.co.jp

これ流石にKOってことは無いと思うんだけど、サンプル品が流出したとかなんじゃないかと想像するわけですが、そういうのって盗品にならんの?

今の時点で蓮なり高富なりが転売していい形で第三者に譲渡するなんてちょっと考えにくいんだけど。個人的には入札しようかなと思ったくらいなので別にいいと思うんですが、ヤフオクプラットフォーマーとして盗品販売許して大丈夫なのかな?

MAKETOYS ’MANGA MECH SERIES’ MA-01G M-F-B-

スワーブ似のロボットじゃなくて彼が構えている銃が今回のアイテム。

IDW 「Transformers: More than meets the eye」誌に登場した銃を扱いが下手糞なスワーブ用にブレインストームが用意した "My First Blaster" が元ネタ。

https://tfwiki.net/mediawiki/images2/7/75/MyFirstBlaster.jpg My First Blaster - Transformers Wiki

元ネタというか全くそのものですが。アメリカでは子供向けの「My First ~」って家電製品とか結構あるみたいでそのパロディなんですが、子供サイズでピンク色だが本物の "My First Rifle" も実在するので日本人的にはなかなかブラックなジョークだな、と思いました。実際にこの銃でラングの頭吹っ飛ばしてるしな。

2014年当時、日本では upgrade commander では 1299円の値段をつけてたので、当時品買っとけよ、と今になっては思うんだけどその時は MTMTE を全然知らなかったので「なんなの?コレ?」状態だったんで全く食指動かなかったのよね。

こちらもヤフオクで落札。これは出品価格の1100円で落とせました。

構えているのは同じく MAKETOYS の Trash-Talk (not IDW Swerve)。まあこれ用のオプションなので非常によく似合います。

コミックではそんなシーン無かったと思いますけどオルトモードでも搭載可能。

トランスフォーマーZ マイクロトランスフォーマー グラスピット

私の長年使ってたTwitter垢が永久凍結されてしまいましてね(´・ω・`)

で、新しいアカウントを作ろうって時に名前に迷って「さてどうしよう」ってなった時にこっちじゃない方のはてなblogの”ブログのひとこと説明”に突っ込んでた blankey jet city の楽曲 HAPPY SUNDAY MORNING の歌詞「ガソリンスタンドに住みたい」にちなんだキャラでなんか居ねえかなと思ったら、居ましたガソリンスタンドに住んでるグラスピットちゃん。

丁度のタイミングでヤフオクで出品されてたので落札したんですが、同じ人が沢山マイクロトランスフォーマー出品してる中でこれだけ競合と入札合戦になってしまって結構高値での落札になってしましました。

ハズブロからは Desepticon 陣営のキャラとして Greasepit 名で発売。 Grease Pit は自動車整備工場とかに設置された自動車の底部を整備するため床に掘られた(たいていの場合は長方形の)穴の事ですね。日本名の「グラスピット」だと意味不明になってしまうのですが、2020年にはジェネセレ枠で「グリースピット」名義でガソリンスタンドから組み換えでロボットモードになるヤーツが発売されていましたが、結局モール限定でも発売されなかったんでしたっけ?どうでしたっけ?

5cmに満たない小ボディなので変形単純、顔のモールドもだるだるですが、モンスタートラック特有の巨大タイヤが肩部に配置される変形パターンや、タイヤの半分だけが回転する構造はちょっと特徴的でしょうか。5角形の立体的な胸部の彫刻はどっちかというとヒロイックな印象でオートボットでも違和感は無い(とはいえ紫色フェイスは悪役感ありかな……)。

デラックスサイズと比べても人形みたいな大きさ。レジェンドクラス相当の NewAge H48 Maschinenmensch と比べても半分以下。

オルトモード。小スケール故ディティールは省略されていますが全体のバランスはモンスタートラックとしていいバランスで成立していると思います。

いつかはガソリンスタンドも入手したいですねー。

トランスフォーマー スタジオシリーズ SS-87 スタースクリーム

ロボットモードは SS-57 ブリッツウィングとままあ似てるのにオルトモードが全然違うというのが斬新だった映画「バンブルビー」登場のスタースクリーム

結構凄い変形パターンだけど頭部が全く畳まれない、けど完全に隠れてしまうってのが良いのか悪いのか。

オルトモードはSF感満載のスターファイター。セイバートロニアン三角ジェットの実写トランスフォーマー風解釈という気がします。

滅茶苦茶変形する主翼部分が若干グラつく、コックピット後ろからエンジン部迄覆うカバーの合いがやや悪い、折り畳まれた垂直尾翼を展開するんですが、真っ直ぐにならず微妙に曲がったままになってしまう等私の個体はちょっと難ありなところありました。

意外にいろんなとこがむき出しなんですけど、モチーフとディティールで凄く上手く纏まってるように見えます。

尚、腕部の収納というか変形角度はかっちり決まった感じがないんですが、上手く収まっていないとオルトモードで後ろにコケます。

ロボットモード。ベイバースの異形から打って変わって、スタスクに見えるプロポーションとカラーリング。

可動はまあまあ良好ですが立膝は私のウデではどうやっても無理でした。ウエストのスイングもあるんだけど赤い褌パーツが干渉してあんまり使えない感じ。

コストの都合で太ももの内側など塞がっていないんですが、紙合わさる軸関節側にもディティールを施すことでスカスカ感を無くそうって意思を感じる。

ナルビームはロボットモードでも主翼側に取り付けられる(※ビークルモード時とは取り付け位置、取り付け方法が異なります)ので、メイン武器は腕が変形する巨大砲。

……なんだけど、これが手首の5mm穴に取り付けるんですが、腕部のディティールが干渉するのか上手く取り付けできない上にポロリしやすの(´・ω・`)

これは手首を畳んで逆向きに取り付けてみた画像なんだけど、こうやってサイコガンっぽくするとまあまあ映えるんだけど発射姿勢にすると短すぎて格好悪かった。

ナルビーム砲も手持ち出来るんだけど、5㎜ジョイントが短すぎて、そこに気付くと格好悪いのよねえ。

顔はなかなかのイケメン。ちょっと韮沢(靖さん)みを感じる。